What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 16日

たもいやんせ@神泉

a0095746_0245962.jpg

寒い寒いと冷え切った身を暖めるために
伺った先は九州料理のお店『たもいやんせ』。

そう、ここの水炊きを食べるために。


一見カジュアルなこちらのお店、実は正直そこまで期待していなかったんです。

でもお料理を食べてみて
さっきまで期待していなかった自分を責めました(笑)





a0095746_0254748.jpg

野菜具沢山の水炊き鍋、
まず宮崎地鶏のきゅっと身が締まった歯ごたえがたまらない。
対照的に口に入れるとホロッと溶ける肉団子もなんとも味わい深い。

スープにはまるでバターやオリーブオイルを使っているかのような深いコクがあるので
店主に聞いてみたところ純粋に鶏だけのエキスだという。

それでいて何杯食べても飽きのこないお味でシメの雑炊までさらりと完食。


鍋の他にも、いくつか頼みましたが、どれもとてもこだわりのある美味しさでした。



店主からは、まだまだ他にも食してもらいたいメニューが沢山あると熱く語ってもらったので
必ず冬のうちにもう一度再訪するつもり♪

by rio-ca | 2011-01-16 23:35 | Love Eat & drinking | Comments(2)
Commented by 55aiai at 2011-01-17 14:17
あっ、たもいやんせですねー
ここへ行くとこってりなものばかり注文してしまうのでウェイトが気になってしまうのですが…、それでもあのカジュアル感に誘われてしまいます。
水炊き!食べたことがなかったです~。いけない!食べに行かなくてはっ。
Commented by rio-ca at 2011-01-18 01:06
55aiaiさん、コメントありがとうございます ^^
そういえばこってり系多いかもしれませんね!しかも食欲をそそるものばかりの(笑)

次回伺った際には、水炊き食べてみてください。
確かに他の水炊きに比べると濃いと思いますが、その分旨みがスープに詰まっているように感じます。

あ、それこそこってり?危険かもですね(笑)


<< 波心@中目黒       音楽のチカラ >>