What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 03日

美味しさの概念

a0095746_1343823.jpg


私にとっては「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」ってとても重要で
どんなに美味しいものを食べたとしても、そこに楽しい会話があって
幸せな空気が流れていないとしっかりと味わえない気がする。


いつもネガティブ思考な人と一緒に居てもつまらないのと同じで
ずっと愚痴を並べながらの食事なんてちっとも美味しくない。



お店にしてもきっとそう。

一流な食材を使い、絶品の料理を作り出し、ゴージャスな場所を提供してくれたとしても
そこに居心地の良さやもてなす側の愛情が加わっていなければ美味しさがぐっと半減してしまう。



極端なことを言えば歪なオニギリ1つでも、心地良い人と、心地いい空間で楽しんで食べれば
何倍でも美味しさって広がりを見せてくれると思うんです。

by rio-ca | 2012-06-03 23:59 | ワクワクする日常 | Comments(2)
Commented by keiko at 2012-06-05 14:09 x
激しく同意!私も以前同じ事をツイートした事がありました。一生で食べる回数が決まってるのだから気持ちが通じ合う人と一緒に美味しさを分かち合いたいなと思います。ので今後ともよろしく!(笑)
Commented by rio-ca at 2012-06-05 18:51
そうそう、美味しいもの、こと、時間を一緒に共有したい気持ちから自然と生まれる定義なのかも。

ということで幸せな晩餐、(ランチもか(笑))こちらこそ引き続き宜しくです♪



<< 『つくしのこ』@池尻大橋      Early Morning >>