2015年 12月 15日

ギルティ。

a0095746_12485916.jpg


なんども寒いのは苦手と言ってるけれど。



たとえば誰も乗っていない田舎のバスに揺られ、着いた先は見知らぬ土地の冬の海、

寒空のもとアウェイな場所に来て不安な気持ちが入り混じりながらも

光の反射でキラキラと輝く粉雪や波しぶきが眩しくて。



冷たい潮風が顔を強張らせるけれど、美しい瞬間を見せてくれたとしたならば

きっと寒くたって幸せな気持ちになれる自信ある。




でもそれは、一緒に居れば寒さや不安も気にならなくなるというのがきっと一番大きな理由。



Guilty ” by Barbra Streisand & Barry Gibb

by rio-ca | 2015-12-15 23:15 | No Music No Life ! | Comments(0)


<< 【森の机】の土鍋ご飯。      平常心。 >>