What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 08日

かつて。

a0095746_15365971.jpg



上京してしばらく経って、ようやく東京の生活も慣れてきた頃
プライベートな仲間達とよく飲みに行ってたお店が渋谷にあって。



そこは裏ロジにある小さなお洒落な居酒屋で、行けば知り合いの誰かがそこに居たし
店長もよく相手をしてくれたから、唯一おひとりさまが出来てたお店。



嫌なことがあったり寂しくなったらそこに駆け込んでは癒されて、
金曜日の夜になるとお店でしか会わない常連メンバーに会えると思って通ってた。




その店長の友達だという、そして私が好きそうな音楽だ、といって教えてもらったのが【EGO-WRAPPIN'】。

もう10何年以上も前のお話だけど、聴けばすぐにあの若かりし頃の一ページを思い出す。





いつしか行かなくなってしまったけれど、そのお店は今も健在。

行ってみたいような、行かないほうがいいものか。



その近くを通るといつもそんな思いが心をかすめて通り抜ける。


" 色彩のブルース "

" かつて "

" あしながのサルヴァドール " By EGO-WRAPPIN'









by rio-ca | 2016-01-08 01:08 | No Music No Life ! | Comments(0)


<< There is no time.      人を幸せにするパスタ。 >>