What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 05日

Gantil@静岡

a0095746_02927.jpg


学生を卒業した直後、静岡で働いていたもう何年も前の頃
背伸びをして時々ランチに通っていた憧れのお店がある。

それは“Gantil(ジャンティ)”というフレンチ・レストラン。

GWで実家に戻った際にふと久しぶりに訪れたい衝動に駆られ、
何年かぶりに友人とランチに繰り出した。






入店したとたん、懐かしさのあまり目が輝く。

味、ワインの取り揃え、サーブのタイミング、品格・・・
すべてにおいて相変わらず素敵で嬉しくなってしまう。

更に追加されたのは時間を重ねた風格の深み。




満たされた気持ちに浸りながら当時通っていた時の自分を心の中で回想してみたりする。

そして
敷居の高かったこの場所を今は違和感なく入れる自分を発見出来たりして
少しくすぐったい気持ちになる。




懐かしい場所をもっともっと巡りたくなり
お店を出た後は母校と幾度と無く歩いた通学路に足を向けたのでした。

by rio-ca | 2009-05-05 00:11 | Love Eat & drinking | Comments(0)


<< Jazz と Cafe au ...      スラムドッグ$ミリオネア >>