カテゴリ:No Music No Life !( 382 )


2016年 12月 07日

ムズキュン。

a0095746_1142971.jpg


色の組み合わせって無限大。

でも合わせてみて自分好みのピースにきちんとハマッた時の嬉しさって

自己満足だけどかなり萌える(笑) 



最近購入したチャンキーヒールのボルドーと
ツイードワンピのダークブルーを合わせてみたら

予想通りにしっくり馴染み、「よっしゃ」って小さくガッツポーズ。




音楽もまたしかり。

その時のシチュエーションと聴いてる音楽が
まさにぴったり溶け込んだ時はすこぶる酔いしれる。


ココロの中ではこんなにキュンキュンしてるなんて表に出さないけどね(笑)


" Golden Earrings " Song by Alexis Cole












by rio-ca | 2016-12-07 23:40 | No Music No Life ! | Comments(2)
2016年 12月 05日

Run Run Run.

a0095746_1673091.jpg


仕事のせいなのか、街全体の雰囲気がそうさせるのか、はたまた忘年会続きのせいなのか(笑)

やっぱり12月は精神的にあたふたと忙しない。



色々と残すところあと何日、的な気持ちに追い込まれることが多くて

もぉ、ちょっと焦らせな・い・で!と見えない誰かにストップかけてみたりして。



といいながらも、自らもっと煽られるような曲を聴いたりしてるんだから

実はそんなシチュエーションもほんとは楽しめているのかもね(笑)


" テレキャスター・ストライプ " Song by ポルカドットスティングレイ












by rio-ca | 2016-12-05 23:05 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 11月 28日

秋から冬にかけての短編。

a0095746_15185792.jpg


11月のとある週末、果てしなくどこまでも一面に広がるススキ野原の中に居た。



秋の光を受けて燦然と黄金色に輝き放ち

涼しく乾いた風を受けてサワサワと音を奏でながら

目の前のススキたちが柔らかにしなって流れていく。



幻想的な光景に包まれて全身で秋を受け止めたワンシーン。

こうして振り返ってみると、他にも夢幻的な場面に酔いしれた瞬間がいくつもあった11月。


いい秋。
 

" Open Your Eyes " Song by Bobby Caldwell












by rio-ca | 2016-11-28 11:28 | No Music No Life ! | Comments(2)
2016年 11月 22日

どっちも好き。

a0095746_1521375.jpg



雪の寒い日に爽やかな写真で陽気な気分に変えてみる。


でも。


暖かい部屋の中からしんしんと降る雪を見て思う
この守られてるような安心感、

灰色の街をやんわりと照らすオレンジの外灯、

外に出て最初に肌に感じるツンとした空気、

柔らかく包み込んでくれるカシミヤの感触、


冷えた身体に染み渡っていく熱燗や鍋の味。




冬にしか味わえないものも嫌いじゃない。


というか、むしろ楽しめること沢山。


" East Of The Sun " Song by Alexis Cole & Bucky Pizzarelli














by rio-ca | 2016-11-22 11:22 | No Music No Life ! | Comments(2)
2016年 11月 17日

オノマトペ。

a0095746_14432498.jpg


残すところ2016年もあともう少しで1ヶ月。



私をよく知っている友人達に
「そろそろ焦りだしてアワアワしてる頃でしょ」って突っ込まれる時期がやってきた(笑)



毎年同じ事を書いてるけど、仕事もバタバタし始めてるから気持ちがソワソワのザワザワ。


頭の中にはいろんな擬声語が盛り沢山(笑)



そういうわけで、一足早くプチてんやわんやです。


" Furico " Song by ペロペロしてやりたいわズ。











by rio-ca | 2016-11-17 11:17 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 11月 12日

伸るか反るか。

a0095746_1112560.jpg


何事もどう転ぶかなんて分からないし

先のことなんて誰も分からない。


だからいつも自分の判断、自分の「今」の気持ちを頼って信じて進んでいくしかない。



でも軽率に他人を巻き込むことは極力したくない。

自分にとって大切にしておきたいこと、暖めていたいものは、特に。



なんてことを月が綺麗に照らす夜道を歩きながら、ほろ酔いの頭の中で考えた。




彼の声と乾いたギターのメロディ。
ピリッと冷えた月明かりの夜にぴったり。

" エイリアンズ " Song by 秦 基博













by rio-ca | 2016-11-12 23:12 | No Music No Life ! | Comments(1)
2016年 11月 03日

待ち合わせ。

a0095746_15421813.jpg


つい通りすがりで何気に見てしまうのは

誰かと誰かが待ち合わせしていてお互いが会えた時のシチュエーション。




「待った?」とか「お久しぶり~」とか「おう!」とか言葉を添えながら

会った途端に広がる自然な笑顔。

それまで無表情で歩いてきた人が
急に見せる緩んだ表情。



あの瞬間がなんとも言えずに好きなのです。


" I Think I'll Call it Morning " Song by Charenee Wade










by rio-ca | 2016-11-03 11:03 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 27日

こんな素敵な日には。

a0095746_14261884.jpg


爽やか、爽やか、爽やか♪


「日差しがなめらかで、風がのんびりしてる」

っていう表現がぴったりなくらい
湿気もなく快適で過ごしやすい日が多い今日この頃。



平日オフィスにずっと居るのは余りに勿体無いから
ランチタイムに1時間ほどあてもなく散歩するのが最近の日課。





ああ、こんな日がずっと続けばいいのに。




でもきっとずっと続いていたらその嬉しさがボヤけるのかも知れない。


嫌な日があるから良い日がさらにありがたみを感じるのだ。


と思うことにして制してみるけど。




でもやっぱりこんな日が続けばいいのに(笑)



" Labeled As Love " Song by Frank McComb feat. Maysa














by rio-ca | 2016-10-27 13:27 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 20日

くだらないの中に。

a0095746_14563554.jpg


記憶の中に残らないほどのくだらない事を
いつでも笑いあえる関係って


実は一番幸せだったりするのかも。




帰り道、この歌を聴いてたら
その言葉がやけにジンと来て
笑いながらも泣けてきた。



皆様、笑顔な週末を。



" くだらないの中に " Song by 星野源











by rio-ca | 2016-10-20 23:10 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 15日

ごく当たり前の幸せ。

a0095746_1438199.jpg



昔は何か特別なことやイベントごとが楽しいって思う頃もあったけど。



今はごく普通の日常が心穏やかであったり

そこにあるものがいつもちゃんとそこに居てくれたり

当たり前のことがまた今年も変わらず当たり前のように出来ることが

どんなに幸せなことか、と思う方が強い。



出来ることなら、今、何もかもがこのままの状態で永遠に止まって欲しい、とも思う。



人ってだんだん考える視点が変わっていくのね。

というより年をとった証拠ね、きっと(笑)



" Love Letters " Song by Natalie Cole










by rio-ca | 2016-10-15 00:00 | No Music No Life ! | Comments(0)