<   2016年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 28日

郷愁。

a0095746_17172750.jpg


同じモノトーンでも昨日の記事とは全く間逆のモノクロームな世界にもやられてしまう。



かつて繰り広げられていたであろう活気ある色濃い黄金の時代から
少しずつ色褪せ、錆びれ、衰えて、やがて古ぼけていく。



でも確実に時を何度も重ねてきたものだけが醸し出すことの出来る哀愁や憂いを含んだ空間が
たまらなく魅力的に映るのです。



今は無き華やいだ時代に思いを馳せ、ところどころに残る過去の残像からその情景を懐かしむ。



そんな儚い空間に身をおくと不思議なくらいに痺れてしまうのです。



" 歌子のしあわせ ~ 夜の題経寺 " Song by 映画 【男はつらいよ】













by rio-ca | 2016-05-28 13:28 | ノスタルジアな世界 | Comments(2)
2016年 05月 26日

夢と現実。

a0095746_11263265.jpg


a0095746_1127227.jpg


a0095746_11272351.jpg


a0095746_11274211.jpg



現実は難しいけど夢を見るのは自由ってことで
インスタで好みのインテリア写真があると保存してるのだけど。


こうして並べてみるとどれも似たような雰囲気、共通点が沢山。

どうやらモノトーンな空間がお好きらしい、私(笑)




確かに自分の部屋は色は出来るだけ多く使わずに白・黒・グレー、時々ブラウンで統一、
飾るお花で色の雰囲気を変えるといったスタイルでほぼ何年も。



でもこうして理想写真と現実の違いを見比べると、まず足りないパーツはモノクロームなアートと額縁、と分析。

次にクッションも案外重要で、今あるブラウン系からホワイト系に変えてみらたステキになる?

あとはシルバーのオブジェとか飾ったらグッとしまる感じかな。





・・・その前に、部屋の広さというのが最大の違いではあるのだけれど
まあそこは見ないふりってことでひとつ(笑)

a0095746_12333865.jpg


by rio-ca | 2016-05-26 23:26 | 暮らしのレシピ | Comments(0)
2016年 05月 24日

引き出しあい、高めあう。

a0095746_1438932.jpg



ここのところblogの写真がブルー、イエロー系ばかり載せてることに気づいたので
たまには違ったカラーで色の変化球を(笑)



少し青みの強いピンクのスカートと
CANDYみたいにポップなカラー・パンプス、


一見互いの主張がぶつかりあいそうかなと思ったけど組み合わせたら意外とバランス悪くない。




ずっと所有していて少し飽きた洋服でも
違う表情を持った色と組み合わせたりするとまた新しい個性が生まれる。


だからファッションって面白い。











by rio-ca | 2016-05-24 13:24 | Fashion Mania | Comments(0)
2016年 05月 21日

サーフシティ・ブルース。

a0095746_10381149.jpg


まだ夏は来ていないけど、まるでAORのアルバム・ジャケットのような
雲ひとつない青空とサマーブルーな海。



日焼けはご法度なお年頃だけど、こんな風景を目にするとやっぱり少し肌を焼きたくなってしまう。




白い肌に日傘で肌を労わるはんなりした女性にもちょっぴり憧れるけど
もともと日焼けしやすい体質の肌だから、むりやり美白をするより自然でなにより私らしい。


しかもフレアなサマードレスとサンダルには
真っ白な肌より、少しだけ小麦色な方が80年代ぽくて好きなテイスト。





そう夏を想像していたら、偶然にも私好みのサマー・ブリーズな曲たちがカーラジオから流れ出だす。

こんな瞬間に擽られてしまうのです。



" I Can't Wait "

" Only A Love Affair " by 佐藤 博













by rio-ca | 2016-05-21 12:12 | VIVA80年代 | Comments(2)
2016年 05月 18日

時間を止めて。

a0095746_10354479.jpg


あまり欲が過ぎると罰が当たるから

何事もほどほどが丁度いい。



でも自分にとって大好きな、風薫る5月は
ほどほどとは言わず欲張りなくらいしっかりと楽しませてもらいます。


だってもうすぐ一年の中でもっとも憂鬱なジメッと燻る6月がやってくるのだから・・・。




夏まで待てなくて、裸足で過ごす海辺の休日。

このゆるっとした解放感が、ガチガチに固まってた気持ちをやんわりに切り替えてくれる。 

なんて快適、居心地イイ。



・・・ほんとに時間よ、5月で止まって(笑)



" 時間よ止まれ " by 矢沢永吉











by rio-ca | 2016-05-18 15:18 | VIVA80年代 | Comments(0)
2016年 05月 16日

お気に入り、なものたち。

a0095746_14545029.jpg



家に合わせてコンパクトだけど、とうどう念願のワインセラーが我が家に。(バンザーイ♪)


頂いた高級ワインとか、ちゃんと保存していないと勿体ないとずっと気に入ってたにもかかわらず
部屋の場所を取る大きいものだとなぁと買うのを断念してたけど、ようやく丁度良いサイズを発見。



夜、セラーのライトを点すと、これまた部屋全体がぐっとスタイリッシュな雰囲気になってお気に入りなのです。









a0095746_14551156.jpg



お気に入りと言えば、このキャットアイのサングラス。


べっ甲と白の組み合わせた縁って一見個性的でかけずらそうなんだけど
かけてみると意外と顔に馴染みやすくて締まるから、もうここ何年も愛用中。


朝はだいたいこれをかけてご通勤。











a0095746_1455262.jpg



そして今もっともお気に入りと言ったら
私が敬愛するドラマ【探偵物語】工藤俊作様の音声付きLINEスタンプ(笑)


特にスタンプを相手に送らなくても
何度も繰り返してスタンプを押しては愛しの彼の声を聞くのが最近ひそかなマイブーム(笑)












by rio-ca | 2016-05-16 13:16 | ワクワクする日常 | Comments(0)
2016年 05月 14日

グッドバイからはじめよう。

a0095746_13444251.jpg



GWに静岡の実家に帰省した時見つけた額縁入りのイラスト。


もう何年も前、静岡で広告代理店に勤めていた当時
クリエイティブディレクターが私をイメージして描いたという肖像画。


私が退社する日に記念にと贈ってくれたプレゼント。



最終日、会社の先輩、同僚、取引先の皆が別れを惜しんでくれて
沢山の花束とこのイラストを大泣きしながら持ち帰ったんだっけ。


その後すぐに留学先のUKに発ってしまったからあれから会っていない人達も沢山いるのだけど
みんな今頃どうしているのだろう。




そんなことを思い出したり過去を振り返るたび、
もうあの時は戻らないのだと思うと、最近やけに涙もろくなる。

別れの引き換えに次のはじまりがあるって分かっているのにね。



グッドバイからはじめよう

グットタイムス&バッドタイムス ” by 佐野元春












by rio-ca | 2016-05-14 15:14 | No Music No Life ! | Comments(2)
2016年 05月 12日

シャララ。

a0095746_15391050.jpg


食やファッション、旅行や音楽。

五感をめいっぱい働かせることがきっと好き。


「好きだ」と思えるものを、見て、聴いて、触れて、感じて、を積み上げたら自分の中の「幸せ」になる。


だからたとえば

お気に入りの服を着て、海に良く似合う音楽を聴きながら
キラキラ美しい風景を横目に、心地イイ風に癒されて、
美味しいものを味わいに行くなんてシチュエーションがあったらもう最高。



" Driving "

" Maybe " Song by Ole Borud














by rio-ca | 2016-05-12 14:12 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 05月 09日

ロングバケーション、のち晴れ。

a0095746_16592733.jpg


長い長いお休みが終わり、出社を迎えた朝。

5月も6月も暫く連休がないと気づいたところで心が折れそうになったけど・・・(笑)


爽やかな天気が壊れかけた気持ちをなんとか修復くれた。



あとは軽やかな音楽でエナジー・チャージをば。

でも偶然にも選んだ曲がよりによって”Broken” だなんて(笑)


" Broken Pepole " Song by Ole Borud












by rio-ca | 2016-05-09 09:09 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 05月 08日

一期一会。

a0095746_2072765.jpg


地元の静岡に帰省して、提灯がひしめく青葉のおでん街で竹馬の友と語り合う。


偶然その場に居合わせた常連と思しきお父さん達とも自然と言葉を交わしながら
これ美味しいからどうぞと、何の気なしに始まるお摘み交換会(笑)


普通なら身構えてしまいそうだけど、雰囲気がそうさせてしまうから不思議。




酒場の決まったルールかのように、誰もが互いの名前も聞かず、プライベートに踏み込むこともせず、
ただそこでたわいも無い話で盛り上がり、またここで会いましょうと去っていく。


一期一会、それが今宵はやけに心地イイ。












by rio-ca | 2016-05-08 20:08 | Love Eat & drinking | Comments(2)