「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 06月 28日

いつも心に一輪の薔薇を。

a0095746_11283922.jpg



オフィスからほどない場所に昔からある小さな老舗のフレンチレストランがあって
今まで何度もその前を通り過ぎていたのだけど。



よく晴れた穏やかな金曜日、ランチタイムにふらりと入ってみたら
いかにも人の優しそうなムッシュが暖かく迎え入れてくれた。




料理は今どきの洗練されたモダンフレンチではなくて
昔からプライドをもって丹精に作っていることがわかる繊細で正統派なお味。

こういうのって好き。



そしてオープンマインドにいろいろと話をしてくれる終始笑顔のムッシュに
殺伐とした仕事の合間、思いがけずとても心がほぐされた。





帰り際、お会計を済ませると

「お店に来てくれてありがとう。今日もどうぞステキな一日を!」と

にこやかに一輪の黄色い薔薇を手渡してくれた。



そう、こんなお店との出会いと些細な優しい真心が、人の心に潤いの花を咲かせてくれるのだと思う。


" La Vie En Rose " Song by Andrea Bocelli ft. Edit Pief













by rio-ca | 2016-06-28 23:28 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 06月 26日

ヴォン・ヴォヤージュ。

a0095746_11461122.jpg


沈んでいく夕陽をぼんやり眺めていると、空高くに通り過ぎゆく飛行機。


日曜の夕方、これから東京を離れ、どこへ向かっていくんだろう。



そう考えたら、無償にどこかへ旅しに出掛けたくなった。


日本ではなくて、もっとずっと遠いところ。 



今ある身の回りの環境をとりあえず一旦忘れて、忘れかけてたことを思い出す旅。



昔は視野を広げたくて、いろんなことを吸収したくて年に一度は行っていたヨーロッパにも久しく行っていない。



今、それが自分にとって必要なのことかもしれないなぁ、なんてことを思う途中で飛行機は雲の中へと消えて見えなくなった。


" Talking Low " Song by SHANTI















by rio-ca | 2016-06-26 17:26 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 06月 24日

季節はずれに来たあいつ。

a0095746_11203766.jpg



今週の始めに急に喉が痛くなり、次の日に咳と若干の悪寒が出始めた。


これはもしや風邪の始まり?と嫌な予感がしたので早急に対策会議を始めてみる。
(=いわゆるネットで撃退法を探してみたわけだけど)




これが正しい処方箋なのか分からないけど



1. とにかく身体を温める (白湯を沢山飲む / 湯冷めしない程度の入浴 / ホッカイロ etc)

2. ビタミンCを多く摂取する(朝・昼・晩 各1,000mg程度 / サプリメントでOK)

3. 葛根湯を白湯で飲む (食前に)

4. マスクで喉を乾燥させない (就寝時にも着用する)

5. つねに加湿器を稼動しておく




以上、5つのことを早速実践してみると・・・



あら不思議、次の日若干の咳は残るものの、見事に追い出し成功したじゃないですか!

たった一日でこれだけの変化には驚きました。





普段めったに風邪とは縁がない私、これからもお付き合いする気はございません。

またいつか風邪が近づいてきたのなら、この方法ですぐにサヨナラしてみせる。



もし風邪を引き始めの方が居たら、ぜひお試しを!














by rio-ca | 2016-06-24 12:24 | ワクワクする日常 | Comments(0)
2016年 06月 22日

田舎料理【おかりば】@河津

a0095746_127222.jpg


見てください!

まるで野山に蝶が舞っているような美しい鍋・・・。



実はこれ、猪鍋なんです。


しかもその時に採れた無農薬の野菜を何種類も盛り込んでいくから
何度来てもいつも違った表情を魅せてくれる鍋には毎回うっとりしてしまう。


そして華道のような手さばきでささっと創り上げていく女将の姿はもはや芸術的。



このお店はあまり教えたくない大好きな場所。









a0095746_1274244.jpg


中伊豆の山里に入り、ワサビ棚を横目に狭い道を抜けていくとぽっかり広がる平地の中に
田舎料理【おかりば】があります。



女将が一人で切り盛りしているから一日たった昼夜一組ずつしか予約を取りません。


ここで生まれ育ったのだという昭和初期からの日本家屋を改築していて
彼女のセンスが至るところに散りばめられている空間。


なのに決して敷居の高いお店ではなく、おばあちゃんの家に来たような懐かしくて平穏な安らぎを与えてくれる。


そしてなによりフランクで陽気な彼女との会話が本当に心和んで楽しくて、いつも話が止まらない。 





この素晴らしくて美しい空間、時間、お料理全てがプライベートに一人占めすることが出来るなんて・・・。


a0095746_1282046.jpg


ああ、やっぱり本当はあまり教えたくない大好きすぎる場所!










by rio-ca | 2016-06-22 22:22 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2016年 06月 20日

幸せは泡のように。

a0095746_12165213.jpg


蒸し暑いときのビール、仕事終わりやお疲れのときのビール、最初の一口に広がる幸福感ったら最近ほんとに半端ない。



おもわず小声で「くぅ~っ!」って言っちゃう(笑)




小さいとき、父が仕事から帰ってきて真っ先に熱い湯につかり、寛ぎながら家で晩酌してたのをよく見てたけど
あの至福なヒトトキが今になると十分すぎるくらいに良く分かる。



あの頃からまあずいぶんとオトナになりました(笑)




欲を言えば、そこに楽しい会話があって、笑顔があって、限られた中でも心満たされる時間を一緒に分かち合えたら更に幸せ。


" What a Different a Day Made " Song by Jamie Cullum












by rio-ca | 2016-06-20 23:20 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 06月 19日

小料理【しのぶ】@中目黒

a0095746_13325713.jpg


近所で気になっていた小料理【しのぶ】へ。


一見入りにくそうなのだけど思い切って暖簾をくぐると大きな文字で「しのぶ」と書かれたTシャツを着た大将が

「さあさあどうぞ」と万遍の笑みを浮かべて陽気に迎えてくれた。




先客はだれも居なかったのでカウンターに座り、摘みを待ちながら大将と会話を交わしていると
これがまた面白くてグイグイと引きこまれていく。


店名「しのぶ」とは今は亡き10歳年上の奥様の名前で、一緒にお店を営んでいたそう。



a0095746_1334813.jpg



「もう僕も80歳だけど、生きてるうちは彼女が愛していたこのお店を守らなきゃねー」と笑い

カウンターの横に飾ってある割烹着姿の彼女の写真を眺めながら

「生まれ変わってもまた彼女と出会いたいよー、ほんと」とまたケラケラと笑って付け加えた。



その笑顔の中には生き様と重みと憂いを含んでいるようで、自分の未熟さと先輩の厚みにほろっと来てしまう。



出てきた摘みはどれも愛情がたっぷりと篭った味がした。











by rio-ca | 2016-06-19 20:19 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2016年 06月 17日

彼女が風に吹かれた場合。

a0095746_1115108.jpg



先日人生初めての胃カメラを経験したのですが、麻酔が効かず相当苦しい思いをしました。


センセーに泣きながら伝えたところ

「もしかしてお酒強い方?あっそう。強い人って割りと麻酔が効きにくい人が居てね。それは悪かったね、ごめんねぇ(笑)」

と笑ってなだめられました。


センセー、それを先に教えてください・・・。


ということで、皆様もどうぞお気をつけくださいませ・・・笑





さ、爽やかな写真と音楽で気分を入れ替え。

週末はもうすぐ♪


" 都会 " Song by 大貫妙子












by rio-ca | 2016-06-17 06:17 | VIVA80年代 | Comments(2)
2016年 06月 16日

ココロの洗濯。

a0095746_2323406.jpg



空が高い、海が青い、光が柔らかい。




こんな風景の中に身をおくと、今まで躍起になってた事がちっぽけに思えてきて
人の考えを尊重もせず、無理やり自分のエゴを押し付けたりしてることが多々あるかもしれないと反省したり。




どんなことも上手くいかない時は決して相手のせいではなくて、まず自分に非があると反省しなさい、と教えてくれた
あのひとの言葉を思い出した。



心の洗濯ってきっとこういうことを言うのね。


Two Survivors ” Song by David Benoit & Russ Freeman












by rio-ca | 2016-06-16 06:16 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 06月 14日

つゆ知らず。

a0095746_1462414.jpg


梅雨に入ったわけだけど、ここの所5月みたいに湿度もなく爽やかな天気が続いてる。



だから青空に合わせてなのか、もしくは気分に合わせてなのか
ホワイト&ブルーな爽やか色で自分を着飾る組み合わせが自然と多くなってる。

 

となれば、自然と爽やかな曲が聴きたくなってくる。


でもこの曲は、少しだけ霧雨のようにファジーで曖昧な色が混ざっている感じかな。


" Surprise " Song by CINDY















by rio-ca | 2016-06-14 09:14 | VIVA80年代 | Comments(0)
2016年 06月 09日

【 Vero Cuore 】@祐天寺

a0095746_10503975.jpg


友人が社長に就任したので、ぜひお祝いしましょうということになり
彼の友人が営む、そして以前から私がずっと行ってみたかったお店にお連れ頂く。



その名は祐天寺と中目黒の間にあるイタリアン【 Vero Cuore (ヴェッロクオーレ) 】。




シェフが作る自家製生パスタと鎌倉野菜が美味しいよと前から伺っていたので
迷うことなくそれをターゲットにしようと思ってたのに、パスタも野菜を使った料理も魅力的なメニューが沢山で結局迷う(笑)





a0095746_10511851.jpg


噂どおりにパスタはもっちりとした質感で美味しくて
鎌倉野菜も輝くほど瑞々しくて美味しい!

お肉の火入れも絶妙で、思わず笑顔、さらに心を奪われる。



優しくて実直なシェフと明るい奥様の人柄を表すかのような居心地の良さも相まって
友人のお祝いだったはずなのに、私が喜んでしまう夜なのでした。












by rio-ca | 2016-06-09 23:09 | Love Eat & drinking | Comments(2)