What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 27日

こんな素敵な日には。

a0095746_14261884.jpg


爽やか、爽やか、爽やか♪


「日差しがなめらかで、風がのんびりしてる」

っていう表現がぴったりなくらい
湿気もなく快適で過ごしやすい日が多い今日この頃。



平日オフィスにずっと居るのは余りに勿体無いから
ランチタイムに1時間ほどあてもなく散歩するのが最近の日課。





ああ、こんな日がずっと続けばいいのに。




でもきっとずっと続いていたらその嬉しさがボヤけるのかも知れない。


嫌な日があるから良い日がさらにありがたみを感じるのだ。


と思うことにして制してみるけど。




でもやっぱりこんな日が続けばいいのに(笑)



" Labeled As Love " Song by Frank McComb feat. Maysa














by rio-ca | 2016-10-27 13:27 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 24日

【 du Barry 】@三宿

a0095746_1635515.jpg


フレンチ・ビストロでメニューに載ってるとつい頼んでしまうフォワグラのテリーヌ。


なめらかに舌の上で溶けていく感触と

赤ワインに併せたときに広がるまろやかな風味が癖になり

見つけた時にはどうしても無視できない憎い存在なのです。





その気になるあいつを近所で評判のビストロ
du Barry】@三宿で見つけてしまったからには
いつもの如く優先的にエントリーされたわけだけど・・・。




ね、ね、ほらね、ここんちのテリーヌだもの。
もうほんと見事な完成度。。。



絶品、濃厚、官能的ーーっ♪





圧倒的な美味しさを印象付けた愛しきあいつは
これからもきっとトップ・プライオリティーの座を譲らない。

そしてこのお店もご近所ビストロでは
私の中のトップランキングに常時君臨すること間違いなしでしょう♪










by rio-ca | 2016-10-24 23:24 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2016年 10月 20日

くだらないの中に。

a0095746_14563554.jpg


記憶の中に残らないほどのくだらない事を
いつでも笑いあえる関係って


実は一番幸せだったりするのかも。




帰り道、この歌を聴いてたら
その言葉がやけにジンと来て
笑いながらも泣けてきた。



皆様、笑顔な週末を。



" くだらないの中に " Song by 星野源











by rio-ca | 2016-10-20 23:10 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 17日

Bistro【Bolero】@中目黒

a0095746_14505558.jpg


どうですか??この蝦夷鹿の火入れ具合。


この写真を見ただけで、間違いなく絶対美味しいに決まってる!って確信しませんか?



はい、ご名答。寸分違わずその通り。


ジューシーで、柔らかで、こっくりしてて。
火入れだけではなくて塩加減やソースも絶妙だから、誰もが納得、二重丸。



この他にも頼んだパテやフォアグラも引けをとらない美味しさで。

レベルの高さをグイグイと魅せつけられた。



これじゃあワインを止められるはずも無いわけで。

お店の戦略に、完全敗訴(笑)




食べたくなった方はどうぞこちらでご賞味あれ♪

Bistro【Bolero】@中目黒











by rio-ca | 2016-10-17 23:17 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2016年 10月 15日

ごく当たり前の幸せ。

a0095746_1438199.jpg



昔は何か特別なことやイベントごとが楽しいって思う頃もあったけど。



今はごく普通の日常が心穏やかであったり

そこにあるものがいつもちゃんとそこに居てくれたり

当たり前のことがまた今年も変わらず当たり前のように出来ることが

どんなに幸せなことか、と思う方が強い。



出来ることなら、今、何もかもがこのままの状態で永遠に止まって欲しい、とも思う。



人ってだんだん考える視点が変わっていくのね。

というより年をとった証拠ね、きっと(笑)



" Love Letters " Song by Natalie Cole










by rio-ca | 2016-10-15 00:00 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 14日

記憶のヴェール。

a0095746_16363363.jpg


毎日朝シャンしてから出掛けるのですが

髪をドライヤーで乾かしてるときに
「あれ?そういえば私、シャンプーの後のトリートメントって流したっけ?」と分からなくなりまして。



ぼーーっとしてたのでしょうか。
洗い流した記憶がごっそり抜けていて思い出せない。



時間も無かったので途中で引き返すわけもいかず
そのまま乾かしてしまいましたが。


心なしか今日の髪は若干重い感じが。
やっぱり洗い流さなかったのかな。。



習慣って頭で考えるものではなく、身体が勝手に動いてしまうものだから
あんまり覚えていないのかと思うけど。


無意識な行動で人に迷惑を掛けないように気をつけたいと思います(笑)





そんなお疲れのときには癒しの音楽とカフェラテで。

ホッと一息。


" Make Me A Memory " Song by Grover Washington Jr.












by rio-ca | 2016-10-14 18:14 | VIVA80年代 | Comments(0)
2016年 10月 12日

四季旬菜【nakano】@三軒茶屋 oishii

a0095746_11484360.jpg


三軒茶屋開拓を着々と進めているのですが
また一つ見つけてしまいました。素晴らしき名店を♪



茶沢通りから路地を入り本当に目立たない場所にポツリと灯りが。

その凛とした佇まいから、期待感膨らみながら入店。

その名は四季旬菜【nakano】というお店。



照明の暖かさやキッチンの清潔さ、インテリアの雰囲気どれもがステキな設えで
さらに期待感が膨らんだけれど、あまり期待値上げすぎると危険だと少し自分を抑制させてみる(笑)





a0095746_11471865.jpg


「先付けが美味しいお店は間違いなくすべてが美味しい。」

この持論を確固たるものにさせてくれるような美味しさで。

選んだ料理が次々と裏切ることなくおもわず顔が緩んでしまうほど。

しかも切り盛りしてるイケメンさん2人とも感じの良い爽やかさ。



期待値を抑制させる必要はまったくありませんでした。

雰囲気も料理も接客も、視覚から入る第一印象と一致してるのが素晴らしい!




きちん、きちんとしたお店って清々しくて気持ち良くて。

いい出会いをしたねって、そんな風に思える良縁に恵まれた夜でした。












by rio-ca | 2016-10-12 23:12 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2016年 10月 11日

松田美智子さんからセンスを盗む。

a0095746_12365940.jpg


料理研究家、松田美智子さんの料理や器のセンスが好きで、よく彼女の料理本や番組などチェックしてるのだけど。



中でもHPで紹介している彼女セレクトの料理道具がまた直球ストライク的に好みでして。



見てるだけでうっとりしてたのだけど
最近やけに実際に手に入れて触れてみたい、使ってみたいという欲望がふつふつと(笑)



中には値の張るものもあるし、一気にオトナ買いするのではなく
1つ1つ気に入った道具を吟味して、少しずつ買い足していくとしたら
この思慕する気持ちが持続するに違いないと新たな楽しみを見つけた気分。



ということでまずは手始めにこちらを購入予定。


楽しみ♪


*写真はHPから抜粋しています。






by rio-ca | 2016-10-11 10:11 | ワクワクする日常 | Comments(0)
2016年 10月 07日

センチメンタル・ジャーニー。

a0095746_1157157.jpg


風も空も確実に秋の色に変わり、サンダルからブーツに切り替えたとき、

過ぎ行く夏と本当にサヨナラしたんだなと。



潔くはなかったけれど、このセンチメンタルな気分をあえて楽しんでいこうと思います。


" I love you for Sentimental Reasons " Song by Nat King Cole










by rio-ca | 2016-10-07 10:07 | No Music No Life ! | Comments(0)
2016年 10月 05日

【Sincere】 @ 千駄ヶ谷

a0095746_14362158.jpg


a0095746_14365396.jpg


a0095746_14371517.jpg


惜しまれながら閉店したフレンチの名店【バカール】のシェフが新しくお店を開いたと聞きつけ
期待を膨らませがながら勇み足で訪問。


Sincere】@千駄ヶ谷。



アミューズからメイン、デザートまで、サプライズとユーモア溢れる美しい料理の数々。


そしてどれもバカールの良きDNAをさりげなく組み込みこまれているところがハッとしたりニヤリとしたり。


十分に膨らませた期待を裏切ることなく、憎い演出で終始楽しませてくれました。




a0095746_14373727.jpg


見た目で感動して味で感動して。
アーティスティックな芸術作品を堪能した夜。










by rio-ca | 2016-10-05 23:05 | Love Eat & drinking | Comments(0)