What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 05日

好き、のルーツ。



a0095746_14233480.jpg


実家近くの夕暮れ時の工場。


こういう風景に出会うとウットリ見とれてしまう。




決して洗練されていない
時を経たものしか得られない
錆びれた寂れた無機質の香り。





自分が小さな頃から慣れ親しんできたからなのか

何かが心の琴線に触れ、特別な情愛を感じるんです。




私のノスタルジック好きは間違いなくここから来てるんだと思う(笑)












by rio-ca | 2018-01-05 17:15 | ノスタルジアな世界 | Comments(0)


<< Jazzとドライマティーニと。      元旦の朝、15分。なんとなく。 >>