What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ

2016年 12月 12日 ( 1 )


2016年 12月 12日

贈る言葉。

a0095746_1125262.jpg


暮れなずむ町の 光と影の中。
去りゆくあなたへ 贈る言葉。


誰でも一度は耳にしたことのある懐メロソング、海援隊「贈る言葉」のイントロ・フレーズ。


卒業シーズンに昔からよく使われたり 
今まで歌詞の内容なんてじっくり認識したことなんてなかったのだけど。

こうしてフレーズを書いてみたら
なんて味わい深い詩!とちょっと感動してしまった(笑)



文書として視覚から捉えてみると
意外な発見があったり、ふわっとしてたものが明確に見えてきたりする。


だからたまに頭の中で固まらない思いや考えがあったりするときは
つらつらと書き出しては読み返し、を繰り返す。


そうしていくうちに自然と答えがストンと降りてくるから不思議。




そうそう、どうせなら「贈る言葉」の歌詞を最後まで。

ほんと、かなりグッと心に刺さる文章なんです。



 贈る言葉 】 歌:海援隊 


暮れなずむ町の 光と影の中
去りゆくあなたへ 贈る言葉

悲しみこらえて 微笑むよりも
涙かれるまで 泣くほうがいい

人は悲しみが 多いほど
人には優しく できるのだから

さよならだけでは さびしすぎるから
愛するあなたへ 贈る言葉


夕暮れの風に 途切れたけれど
終わりまで聞いて 贈る言葉

信じられぬと 嘆くよりも
人を信じて 傷つくほうがいい
  
求めないで 優しさなんか
臆病者の 言いわけだから

はじめて愛した あなたのために
飾りもつけずに 贈る言葉

これから始まる 暮らしの中で
誰かがあなたを 愛するでしょう

だけど私ほど あなたのことを
深く愛した ヤツはいない

遠ざかる影が 人混みに消えた
もう届かない 贈る言葉

もう届かない 贈る言葉












by rio-ca | 2016-12-12 12:12 | VIVA80年代 | Comments(0)