人気ブログランキング |

What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Love Eat & drinking( 675 )


2019年 10月 30日

オレンジ・ワイン。



a0095746_12065761.jpg





最近認知度が高くなりつつある「オレンジ・ワイン」。






実は先日初めて飲んだのですが

これがまたかなり好みな味でありまして。







逆に、いままでなぜ脚光を浴びていなかったのか

不思議なくらい美味しくて。






最初その存在を知らず初めてこの名前を聞いた時は

「オレンジ」から造るワインってどんな味?

と勝手にイメージしてしまい

飲んだ時も

「あ、オレンジの苦みがほんのり効いてる♪」なんて思ってしまったけど

色がオレンジなだけであって、オレンジから造ってないわけで。








連想から来る人の思い込みって

固定概念を強めてしまうからアブナイ、アブナイ。





そして自分の味覚はたいして当てにならないのね(笑)

























by rio-ca | 2019-10-30 13:30 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 10月 26日

【笹吟】@代々木上原 oishii



a0095746_16071482.jpg




お酒好きな品の良い大人たちが、居心地よく呑める場所。



そんな印象を受けたお店【笹吟】









駅から程近いのに、ガサガサと忙しない感じがしないのは

きっと集まる人たちの雰囲気が醸し出してくれるおかげ。





このエリアが落ち着いた住宅地、という場所柄もあるのかな。








充実した日本酒のラインナップを皮切りに

豊富な小鉢の1つ1つがまさに「アテ」な塩梅だから

美味しくて楽しくて、つい時間を忘れて日本酒が進みすぎてしまう。











いい日本酒を呑みながら、いい摘みが食べたい。





そう思った時、すぐ頭に思い浮かぶお店になりました。




























by rio-ca | 2019-10-26 22:26 | Love Eat & drinking | Comments(2)
2019年 10月 09日

【かんてら】@三軒茶屋 oishii



a0095746_11072338.jpg




肩肘はらずに気取らずに。

そして値段も気にせずに。



でも美味しいお鮨が食べたい、わがままな時がある。









そんなお店がどこかに無いかなと思ったら、灯台下暗し。


ありました、ありました。









かんてら】@三軒茶屋





a0095746_11071806.jpg






新鮮な魚とほろりとほどける赤酢のシャリ。

つい日本酒が進んでしまう。






そして活気ある若き料理人たちの話しのテンポや気の配り方が優秀で

居心地よく、つい長居したくなる。










ふっと突然訪れるお鮨モードな時は


気軽にまたここに来てみよう。























by rio-ca | 2019-10-09 13:09 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 07月 02日

【 五臓六腑 久 】@三軒茶屋


a0095746_13260138.jpg





ドッカンと大皿料理だと

見ただけでお腹いっぱいになってしまいそうなので

いろんな種類が少しずつ楽しめる小皿料理が基本的には好き。







だから焼き鳥や焼きとんは

一串ずつちょこちょこっと違うワールドが楽しめる

最適なおつまみだから特に好き。











この間、ふらりと入った【 五臓六腑 久 】@三軒茶屋。



ここの焼きとん、たん刺しが予想外にとっても美味しくて

つい連続して再訪してしまった。









a0095746_13260505.jpg


写真だけでも新鮮なのが分かりませんか?



座敷もあるけど、個人的にはカウンターがおススメかな。










ちょいと気軽に一杯、なモードなときは

またここに寄ってしまいそう♪

























by rio-ca | 2019-07-02 13:02 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 06月 24日

甘い、誘惑 ♡




a0095746_15461396.jpg





「日川白鳳が入りました。そして追熟がイイ感じに進んできました。」




と、行きつけのBarから甘いメッセージが。









特別、果物好き!っていうわけじゃないけど

桃は別モノ。




そして、ここのBarのマスターが作る

「桃のカプレーゼ」がたぶん世の中で一番好きな桃の食べ方で。










まず

白桃・モッツァレラ、生ハム、ディル、クルミが

一層になったものをフォークで刺して、一口でパクリと。






そしてその溢れる美味しさの余韻とともに

冷えたピノグリージョを口に含めばもう


脳内に幸せの花が満開 110.png







この感覚がたまらないのです♡







その幸せを味わいたくて、メッセージを受けた夜

さっそく駆け付けてしまった(笑)









さあこの夏、何度この花を咲かせることが出来るかな。



楽しみ♪






















by rio-ca | 2019-06-24 22:24 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 06月 03日

太田屋さん。




a0095746_15563154.jpg



今宵の止まり木は

お久しぶりの【太田屋】さん。










ここのお店のどんなところが好きかというと


お料理がおいしいのは勿論のこと



カラフルな色使いなのに絶妙にまとまりある

四方の壁いっぱいに貼られた短冊メニューや



きちんと掃除が行き届いていて

整理整頓されている小綺麗さだとか



ジョッキのサイズが他のお店より大きい所とか(笑)









a0095746_15562353.jpg



しかしよくこれだけの食材を毎日仕入れてるなぁ…。









…あ!忘れていけないのは


いつもさりげない大将の優しさと笑顔も大好き(笑)



















by rio-ca | 2019-06-03 23:03 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 04月 08日

【 BEIGE Alain Ducasse Tokyo 】@ 銀座




a0095746_15052359.jpg



たまには気取って【 BEIGE 】でランチを頂いたりする機会があったのですが。




どのお料理も芸術的で独創的で

見てうっとり、食べてうっとり、な素晴らしさ。







と、料理はもちろんのこと

サーブだったり、空間だったり、景観だったり、世界観だったり。



ラグジュアリーで優雅な気持ちにさせてくれる洗練された工夫が満載で。









こういう機会に触れたりすると

普段引き出しに閉まってあるオンナゴコロがくすぐられるようで

やっぱり「きゅん♡」てなりました(笑)








a0095746_15052678.jpg






ブランドが手掛けるレストランというのは

上品さが Too much になっても逆に安っぽくなるし

少しでもだらしないイメージを与えてしまうと期待外れ、と思われ

最終的にはブランドイメージの価値まで下がってしまう。







そのとても難しい微妙なポイントを絶妙にクリアしているところが流石だな、と。










a0095746_14594534.jpg




自然とお店側にエスコートされ、夢見心地な時間を過ごさせてくれる。



そんな夢の宝が沢山詰まったようなお店でした。







BEIGE Alain Ducasse Tokyo




















by rio-ca | 2019-04-08 13:08 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 03月 06日

もつ焼き【喜美松】@浅草。



a0095746_14293395.jpg






浅草にもつ焼きの名店があると聞きつけて伺ったのは

【喜美松】@浅草。







ちょうどカウンターに座ったのだけど

カウンター前に陳列しているもつ串はどれも輝き放っていて

鮮度の良さが一目瞭然!








まずは「刺し」を頼んでみたのだけど

やっぱりその輝きが証明してくれてた。



美味しい♪


a0095746_14292822.jpg






その旨さで拍車がかかり、焼き鳥や豚トロ、もつ以外もあれやこれやと。

でもどんなメニューを頼んでも、期待値をはるかに超えた丁寧な美味しさで。


名店と言われる訳をたっぷり魅せつけられました。









a0095746_14293587.jpg



それともう一つ特記する点は、なんといっても営んでいるご家族の人柄の良さ。





どんなに忙しそうでも、笑顔は絶やさない。


一見クールにみえる大将も

「いやぁ、お待たせしちゃってごめんねぇ。これサービス!」と何かと気を使ってくれたり


小さな看板娘( 推定8歳(笑) )が

こぼれないようにと両手でしっかり持ってサワーを運んできてくれたりと

ママをお手伝いする姿がなんとも愛らしく。





とにかく下町らしい、ほっこりとした酒場に癒された夜でした。









また癒されに伺いたいな♡



















by rio-ca | 2019-03-06 22:06 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 02月 06日

鶴沼ワインと、ろんどの焼き鳥。



a0095746_14485788.jpg



最近ニッポンのワインがぐんぐん美味しくなってると思うのは

きっと私だけじゃないはず。







ワインの名前や知識はこれっきし覚えられない私だけれど

高い安い、産地、ブランド、には特にこだわらず

飲んだ瞬間、脳内に幸せアロマが流れるワインが好きなのです。








そう、恋と一緒 (笑)







先日頂いたゲヴュルツトラミネールのワインがまさにそう。


北海道は「鶴沼ワイナリー」という、初めて聞く所で造られている白ワイン。







ライチのような甘味、程よく熟成しながらもまろやかなすっきり感が完全に好みで

思わず顔を見合わせて「やるじゃん北海道!」って歓喜の声を上げてしまった(笑)








a0095746_14485421.jpg




ちなみにこのワインを教えてくれたのは【ろんど】@三軒茶屋。




若手だけど食に対して研究熱心な店主にいつも魅了されてしまう

お気に入りの創作焼き鳥やさん。






今宵も幸福な時間と素敵な出会いをありがとう♪




























by rio-ca | 2019-02-06 23:06 | Love Eat & drinking | Comments(0)
2019年 01月 17日

【味坊鉄鍋荘】@湯島で 忘年会。



a0095746_12155024.jpg



年末のお話。




グルメ仲間と毎年恒例になりつつあるのが

【味坊鉄鍋荘】@湯島 での忘年会。







ここではいつもコースを頼むのだけど


鍋が美味しいのはもちろんのこと、これでもか、と提供されるおつまみすべて

塩や麻辣の塩梅、山椒の痺れ具合が絶妙な美味しさで

毎回「うわっ美味しい!」って舌が肥えてるグルメ仲間達を唸らせる。






a0095746_11185326.jpg





わいわいと、カジュアルに

かつ一年の食べ納めにふさわしいと、全員が納得いく美味しさだから

毎年このお店が忘年会会場となるわけです。














a0095746_12123036.jpg



そしてここで勢いつけてからのカラオケも毎年恒例。



男女に分かれての紅白歌合戦 (笑)








みんなで熱唱して盛り上がる中

忙しなく行き交う人たちと街の明かりをときどき横目に見ながら



今年もこうして同じように

恒例のメンバーと盛り上がれるって幸せなことだなぁ

としみじみ感極まったりするわけです。










そんな年の瀬の締めくくり。

















by rio-ca | 2019-01-17 23:17 | Love Eat & drinking | Comments(0)