人気ブログランキング |

What a wonderful day

riocario.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:VIVA80年代( 40 )


2019年 08月 19日

波の数だけ抱きしめて。


a0095746_11270193.jpg




鎌倉に移住した料理研究家の先輩が

個人宅でランチを振舞ってくれるということで鎌倉へ。





どうせならその前に

鎌倉で朝ヨガでもと思い立ち

見つけたのが湘南の海の目の前のスタジオで。








かすかに聞こえる波の音、

広がる海を見渡せる空間で行うヨガ。

なんて開放的で気持ちいいいの!






なんとも贅沢な時間を過ごせました。

この企画、大正解♡








a0095746_11255297.jpg





私の中で昔から、湘南らしい、鎌倉らしいスタイル、というのがあって。







小麦色の肌に白いTシャツだとか、トロピカルな柄のワンピースにビーチサンダル。


そこに華奢なゴールドのアクセサリーなんかして。







そんな恰好をとってもしたくなりました。

そして久々に日焼けしたくなりました。








紫外線が怖いのは否めないけれど

それでも夏に長袖やアームカバーなんかで

がちがちに紫外線対策してる恰好より

何倍もはるかに好き。







さらに年を重ねたら、

そんな恰好が似合うヘルシーで粋な女性になりたいな。





Valentine's Radio 】Song by 松任谷由実

































by rio-ca | 2019-08-19 11:02 | VIVA80年代 | Comments(0)
2019年 06月 07日

ランナウェイ。




a0095746_12084286.jpg




令和になったからなのか

最近やけに昭和の歌謡曲を耳が欲しがったりして。






いや、もともとその頃の時代の曲にグッとくるから

割と聴いてるけど(笑)









でも今回改めて聴き入ってしまったのが


シャネルズ (ラッツ&スター) ♪










ノスタルジックだけど今聴いても勢いのある

セクシーなメロディ・ライン。






何十年も経ってるのに

いまだに印象に残る、甘くて粋な歌詞。







そしてなにより




鈴木雅之の圧倒的に存在感のある

ソウルフルなハスキー・ヴォイスに聴き惚れた 106.png








いつまでも心に残る名曲たち

昭和にはほんとたくさん溢れてたな。








ランナウェイ






め組のひと






星くずのダンス・ホール 】Song by シャネルズ (ラッツ&スター)

























by rio-ca | 2019-06-07 23:07 | VIVA80年代 | Comments(0)
2018年 07月 20日

Hit and ?


a0095746_13592441.jpg


内容とは関係ないけど

こうも暑いので、涼し気な写真載せてみた 105.png





先日あるアンケートに答えてほしいという依頼があり

適当の答えたら、前から欲しかった景品が当選!




それから絶対無理、とダメ元で申し込んだある抽選に運よく当たり

ちょっと嬉しい思いをさせてもらったり




イイことでもないけど扉の角に足が当たって

右足薬指を負傷してしまったりと

何かと当たり続きなものだから。




今こそサマージャンボでも買ってみる?と真剣に検討中 (笑)




まあ、いったん邪念が入ってしまうと

その時点で当たらない気がするけど、ネ 。





Lost In Your Eyes 】 Song by Debbie Gibson
















by rio-ca | 2018-07-20 07:07 | VIVA80年代 | Comments(0)
2017年 10月 25日

ヴァイオレット・フィズ。


a0095746_10482427.jpg




たしか人生初めて口にしたお酒がこれ。ヴァイオレット・フィズ。


(カルアミルクだったかな?笑)




その頃はこういう綺麗目な色のリキュールのカクテルが流行っていて

昔、父のお酒コレクション棚にも並んでいたっけ。




今となってはこの手のリキュールを置いているお店もそうあるわけじゃなくて

もしたぶんメニューに載っていたとしても頼まないお酒だけど。




久しぶりに口にしてみたら

懐かしくてホロ甘くて、すみれ色の蜜な味がした。






" カルアミルク "  Song by 岡村靖幸







" だいすき " Song by 岡村靖幸























by rio-ca | 2017-10-25 23:25 | VIVA80年代 | Comments(0)
2017年 10月 13日

汐風


a0095746_10371127.jpg




先週末、爽やかで暖かくて海がキラキラと美しかったから、朝早々にボディーボード。



今の季節は水温がまだ低くないのでウエットスーツを着ていれば
寒がりの私でも十分海に入ることが出来る。




この日はなだらかに、でもロングランに波が立っていたから
綺麗に乗れるのが楽しくて、夢中になって波と戯れ気づけば2時間くらい経っていたかな。







休憩なしで遊んでたから、当然身体はヘトヘト。


でもだるくて重い疲れじゃなくて、デトックスされた中に感じる疲れがたまらなく心地イイし

そのあとのランチタイムに飲んだビールの美味しさと言ったら、ない♪





この身体的な疲労感、言葉に表せないほど快感に変わってる。




せめてもう一度くらいは今年中に出来たらいいな。




" 汐風 " Song by 伊勢正三




















by rio-ca | 2017-10-13 10:13 | VIVA80年代 | Comments(2)
2017年 09月 02日

週末、郊外に出る理由。

a0095746_14233395.jpg



朝、目が覚めたら日差しに照らされたSURFの文字が爽やかに浮かんでた。


目に優しい、私の大好きな白とブルーのコントラスト。

外も同じような色合いでブルーの空に白い雲が浮かんでる。


なんて気持ちのいい週末の朝。

これだけで心が潤う、洗われる。



さて、今日はこれから海にでも行こうかな。




" Ride On Seaside " Song by Piper


" プールサイド " Song by 南佳孝












by rio-ca | 2017-09-02 09:02 | VIVA80年代 | Comments(0)
2017年 08月 04日

ナイトクルーズ・サマーコレクション。

a0095746_10361666.jpg



前回に引き続き今日もジャパニーズAORをご紹介。



今回のイメージは夏の夜。

タイトルは「ナイトクルーズ・サマーコレクション」



乾いた風と潮風の香りを感じる甘美な清涼感と

時代錯誤がかえって新しくて格好いい、ライトメロウな音に浸ってみて下さい。






" 蒼い風 " Song by 桑名靖子


" Wave " Song by 山根麻衣

" 夜の海 " Song by 桑名正博













by rio-ca | 2017-08-04 23:04 | VIVA80年代 | Comments(2)
2017年 08月 01日

シーサイド・サマーコレクション。

a0095746_1156214.jpg



基本的に音楽はオールマイティに知りたがり聴きたがりなので、どんなジャンルも好きなのだけど

夏はとりわけ80年代のジャパニーズAOR、City POP的サウンドに耳と心が反応してしまう。




しかも誰しもが知ってる流行りな曲ではなく、コアなファンが好きそうなアーティストを見つたりすると

私の中のオタクな部分がくすぐられてしまうのです。





そんなレアでニューポップなサウンドを今日はいくつかご紹介。

もしイメージタイトルを付けるのなら「シーサイド・サマーコレクション」かな。






" Summer Breeze " Song by パイパー



" Love was Really Gone " Song by 松下誠



" Only A Love Affair " Song by 佐藤博 ft. Wendy Matthew














by rio-ca | 2017-08-01 08:01 | VIVA80年代 | Comments(0)
2017年 04月 13日

桜月夜。

a0095746_14132918.jpg



月夜の晩、

私が弱っていたときに、さりげなくずっと手を差し伸べてくれていましたね。



楽しい時よりも大変な時に与えてくれる優しさは

何十倍、何百倍も暖かく、心にジンと染みます。


ありがとう。




" 月夜に気をつけて!"

" 涙のスロー・ダンス " Song by 中原めいこ











by rio-ca | 2017-04-13 20:13 | VIVA80年代 | Comments(0)
2017年 03月 23日

Don't Miss it.

a0095746_11584888.jpg


一足早く春を運んできた河津桜が満開になったあと、ソメイヨシノが焦らしながらも待ち構えてる。


東京の街中がピンク色に染まる季節ももう目の前なのですね。




今年は平年より気温が低いせいか、じわりじわりと咲いていくそう。

去年の桜はあっという間だったような気もするけど、鮮明に思い出せないな。。


というか春だけじゃなくて1年まるごと猛スピードで駆け抜けてしまったようで
頭や感覚が全然追いついていけてない。



だってもうすぐ2017年も丸3ヶ月が経つって知ってます?


早い、早い。怖い、怖い(笑)




" 星くずのダンスホール " Song by シャネルズ











by rio-ca | 2017-03-23 23:23 | VIVA80年代 | Comments(0)